別れの仕方

何度も修復を試みたけど、夫婦の溝を埋めることが出来ずに別れを決意することもあると思います。
別れる夫婦の数は、年々増え続けていて現在は4夫婦に1つは別れています。
では、どうやって別れるのか種類や手続き方法を知っていますか?
ここでは、別れ方・手続き等について紹介していきたいと思います。

【種類】
別れる方法として、協議・調停・審判・裁判とがあります。
話し合いをしてお互いに納得した上で別れを決め、離婚協議書や届出等を役所に提出する方法を「協議」といいます。
離婚協議書というのは、この話し合いで決めた事項(親権や財産分与)を約束として記入する書類のことです。
約束事を記入する書類は、この離婚協議書以外にも公正証書という書類もあります。
すみません、少し話が脱線してしまいました・・・。
離婚協議書や公正証書については、後ほど詳しく記載します。

では、この話し合いでも決着がつかない場合、調停員という第3者が話し合いに加わります。
客観的な意見を述べて話をまとめていきます。
しかし、それでもまとまらない場合は、審判・裁判で決着をつけます。
一般的に、協議や調停で話がまとまることが多いです。
別れる方法によって、提出書類や必要時間が異なりますので、どの方法で別れるか事前に決めておいた方が良いでしょう。






おすすめ記事

原因はどうあれ

離婚というのはかなりの決断ですよね、だからこそ後悔の無いように二度と悲劇を繰り返さないように相手との最後の約束として離婚協議書を作成して後腐れなく終わりましょう。

円満に

不幸せな離婚は、お互いの人生に暗い影を落としてしまいます。最初は納得したつもりでも、後々になって不満がでることもありますから、きちんと円満な解決のために離婚協議書が必要なのです。


弁護士に相談

この前テレビで、離婚協議書の作成の特集をしていました。わたしたちも結婚して子どもも巣立っていったので、自分たちの自由な時間を追求してもいいような年齢になってきました。だから、一度弁護士先生に相談してみて、もしもの事態に備えようと思います。

What's New

2013/02/05
最新記事32を更新。
2012/07/05
最新記事2を更新。
2012/07/05
最新記事を更新。
2011/12/13
公正証書を更新。
2011/12/13
別れる時の書類を更新。
2011/12/13
法的に別れるを更新。
2011/12/13
別れの理由を更新。
2011/12/13
別れ方と離婚協議書についてを更新。
2011/12/13
ホームページリニューアル